でぃんふぃにてぃ

ディズニーのゲームについて、ディズニーインフィニティを中心にまとめていきます。

D23Expo Japan2015開催 マーベルツムツムを妄想する

いつもインフィニティの話をしているのでたまにはインタラクティブに範囲を広げて。D23ExpoJapan2015をレポートします。

 

11月6日から11月8日の三日間、D23ExpoJapan2015が開催されました。

私もCチケットを購入しイベントを楽しいでいました。
本国のD23Expoでは一番大きなホールでの講演は6つ用意されており、そのうちの一つはインタラクティブ部門の講演でした。本国のD23Expo2015では主にキングダムハーツスターウォーズ バトルフロント、そしてディズニーインフィニティに関する発表でした。
キングダムハーツは日本では別日にイベントが開催されたため期待はしていませんでしたが、バトルフロントとディズニーインフィニティは今月に発売です。何かの発表、少なくともプロモーションが行われることくらいは期待していました。
 
 
 
…実際にはバトルフロントもディズニーインフィニティも全く触れられませんでした。舞浜アンフィシアターに入るともらえる大量のチラシの中にもなし、ディズニーストアではディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2が売られているのみ、本当に今月発売なの?と疑うレベルでした。(特にディズニーインフィニティは日本でのプロモーションを頑張らないと売れないんだからさ、もう少しなにかしようよ!絶好の機会なのに!)
 
 
インタラクティブについて発表がなかったわけではありません。
マーベルキャラクターを使用したツムツムシリーズの新作「マーベル ツムツム」が来春リリースされることが発表されました。
ミクシィウォルト・ディズニー・ジャパン、NHN PlayArtの三社共同開発で、LINE ディズニーツムツムの基本である「ツムを繋げて消す」に、ミクシィのヒット作「モンスターストライク」の協力要素とバトル要素を加えたものとなるようです。
「LINEじゃないの?ミクシィなの!?全然別のゲームになるの!??」という疑問が浮かびましたが、こちらのNHN PlayArtはLINE ディズニーツムツムを開発している会社でありますし、アーケード版ツムツムはコナミデジタルエンタテイメントが発売しているため、提供がミクシィであってもツムツムのゲームの基本ルールは変わらないのではないかと思います。
 
 
こちらの発表はD23ExpoJapan2015のオープニングセレモニーとホテルミラコスタ内で行われた常設展示のマーベル・スペシャルブースで発表されました。私はオープニングセレモニーには参加していないので、そちらの映像を見ることができなかったのは残念です…
 
f:id:perryponta:20151110223122j:plain

 

f:id:perryponta:20151110223251j:plain

マーベル・スペシャルブースでの展示。インフィニティもそうですがマーベルキャラクターのデフォルメってクセになるデザイン。
 
 
 
ホテルミラコスタ内で披露されていた映像に急遽始めたモンストの知識を加えて、全力でマーベルツムツムについて妄想してみます。
 
映像のゲーム画面を見たところ(マーベルの展示は基本撮影可でしたがゲーム画面のみ撮影不可だったので箇条書きします)、ディズニーツムツムとの違いは
・制限時間がない
・敵と自分のHPが表示されている
・敵キャラクターが巨大ツムとして出現する
・自分のスキルボタンが2つある
 
 f:id:perryponta:20151110224318p:plain
ツムツムのゲーム画面に変更を足した図です。記憶が曖昧なので違う部分があるかもしれません。
 
そして(始めてわずか数日ですが)モンストの特徴を挙げると
・PTは自分の3キャラ+フレンドの1キャラの4キャラ
・いくつかのこちらが不利になるギミックがあり、ボスによってそれぞれギミックを使ってくる
・自分のキャラクターにはアビリティがあり各ギミックを無効化することができる
・ボスを倒せば勝ち、攻撃を受けて自分のHPが0になったら負け
 
 
そしてこれらを足して妄想したゲームがこちら
・ツムを繋げて消すと相手に攻撃できる、相手を倒せば勝ち
・一定間隔で相手がこちらに攻撃してくる、HPが0になったら負け
・相手の攻撃と同時にこちらが不利になる行動をしてくる(4個以上ツムを繋げないと消えなくなるなど)
・ゲーム開始前にフレンドを一人選択する
・ゲーム中はマイツムとフレンドのツムのスキルを使うことができる
・ツムのスキルによって敵の攻撃、あるいは敵そのものに有利なものがある
ソーであればロキに、キャプテンアメリカであればウィンターソルジャーに、と原作に合わせて有利不利が出ると非常に面白くなるのではないかと思います。
・登場キャラクターは30体ほど(参考:マーベル オールスターバトル)
 
 
キャラの入手方法は?もしかして課金ガチャシステム?
ヴィランのツムは自分でも使えるの?
といった疑問も多く残りますし、まだ開発段階であることはたしかです。続報を待つしかないですね…
 
もう一つ気になったのはオークション会場にあったツムツムのアート。「2015」という4つの数字をそれぞれディズニー、ピクサースターウォーズ、マーベルのツムツムキャラクターが作っていました。
ってスターウォーズのツムツム初めて見たぞ!?
これはもう商品展開されるフラグですね…
いずれは「スターウォーズ ツムツム」なんてゲームも発表されるのでしょうか。なら一つに統合しようよ。
 
 
最後に一言
ディズニーインフィニティについては 全く触れられませんでした。(大事なことなので二度言いました)